←もどる

書名:差別を生きる在日朝鮮人
副題:
叢書名:Academic Series NEW ASIA 45
著者名:李光奎・崔吉城共著
発行日:2006.3.20
ISBN:978-4-8042-0764-3 C0039 \2600E
判型:四六判
頁数:276
定価:本体2,600円+税

差別とは何か、帰化と差別、結婚、産業、民族、教育の差別、被差別と逆差別朝鮮語とアイデンティティ、オールドカマーとニューカマー、戦後処理、在日のアイデンティティ等の問題を論ずる。

<主な内容目次>
はじめに
第一章 差別とは何か
 第一節 マイノリティとしての「在日」 第二節 「朝鮮人帰れ」 第三節 差別という盾
第二章 帰化と差別
 第一節 差別と帰化
第三章 結婚差別
 第一節 黒人差別 第二節 内鮮差別 第三節 国際結婚 第四節 混血 第五節 日本人との結婚忌避
第四章 国籍による職業差別
 第一節 区別と差別 第二節 差別の事例
第五章 被差別と逆差別
 第一節 朝鮮文化の誇り 第二節 地方参政権運動と反対
第六章 差別と産業
 第一節 三Kの仕事 第二節 焼肉 第三節 キムチ 第四節 パチンコ
第七章 差別と民族教育
 第一節 民団と朝鮮総連の教育 第二節 民族学校の設立 第三節 各種学校の民族教育 第四節 朝鮮語教育 第五節 民族学級
第八章 朝鮮語とアイデンティティ
 第一節 民族と言語 第二節 「在日」における朝鮮語 第三節 海外の韓人と朝鮮語
第九章 オールドカマーとニューカマー
 第一節 ニューカマーの渡来 第二節 ニューカマーの分布 第三節 ニューカマーと
「在日」 第四節 ニューカマーの生活世界 第五節 留学生
第十章 戦後処理
 第一節 補償問題 第二節 平壌シンポジウム
第十一章 「在日」のアイデンティティ
 第一節 差別と名前 第二節 民族文化祭と祖先祭祀 第三節 キリスト教の民族主義
終章
あとがき
参考文献